CUTTERWEDGE reason

CUTTERWEDGE

フルショットはそこそこ打てるのに、何故アプローチが苦手なのか?

アプローチが苦手なのは練習不足ではない!?

練習不足のゴルファーがアプローチが下手なのは理解できます。 しかし、毎日練習しているトーナメントプロでもアプローチが苦手な選手は大勢います。
あまりにもアプローチが苦手で アプローチショットだけ左打ちに変えた女子プロゴルファーが先日トーナメントで優勝しました。 いわゆる「イップス」という表現をする人もいますが、身体と意思とが違う動きに反応してしまいます。
実は、アプローチショットは、練習してきちんと打てる人と、練習しても打てない人(アプローチが出来ない方)が存在するのです。


ボールを打つ球技は、通常は芯で打ち返す!

テニスや卓球、野球などは、ボールを打つ球技です。テニスや卓球はラケット、野球であればバット、 通常ボールを打つときは、それぞれの道具の芯で打ち返します。 芯で打つのは一番効率よくエネルギーをボールに伝えられるためです。
ゴルフも同様です。ボールをクラブで打つスポーツで、ドライバー、アイアン、パターも含めて、クラブの重心(芯)で打ちます。
私たちは球技をする時に、本能的に重心(芯)を探り、 その芯でボールを打つ事が経験値として身体に染み付いています。


ゴルフのアプローチショットは芯(重心)では打たない

しかし、ゴルフのアプローチショットだけは特殊です。ボールをクラブフェイスの芯(重心)で打ちません。 クラブフェイスのリーディングエッジ(先端)でボールを当てる必要があります。
(※ 理由は後記します)
アプローチショットは人間の球技における本来の感性を排除して、あえて芯(重心)を外した場所で打たなくてはなりません。 これは、球技でもかなり難しい事なのです。

卓球で例えれば、ラケットの芯にあてて相手コートに打ち返すのは誰でもできますが、 ラケットの芯を外し、先端に当てて、返球のスピードを遅くして、回転を掛けたスピンボールを相手コートに打ち返す。
ゴルフのアプローチもこれらと同様な高等技術を要求されているのです。


アプローチが下手な人、アプローチイップスと言われる人は、 反応的に芯で打つ(芯でボールを打った時の手に伝わる良い感触・・いわゆる厚いインパクト)を、本能的に身体が求めてしまう人が多いようです。


何故アプローチは(重心)芯を外して打つのか?

重心(芯)では打てないから

ティーアップした状況や、芝でボールが浮いている時は、フルショットもアプローチもクラブフェイスの重心(芯)でボールを打つ事は可能です。
しかし、ベアグランドや芝が薄いときは、ウェッジの重心は高いためにボールの中心点に届きません。 ウェッジの重心をボールの位置まで下げて無理矢理インパクトしたのが上の図です。 地面にリーディングエッジが既に刺さっているのが分かると思います。

実はフルショットはこれでいいのです。クラブヘッドの芯で打つ為に、リーディングエッジが多少地面に刺さっても、 スイングスピードも速く、ヘッドに推進力がありますので、地面のターフを取りながらクラブヘッドは抜けていきます。
一方で、アプローチショットはスイングスピードも遅く、ヘッドの動きはゆっくりです。 少しでも地面に当たればクラブヘッドは失速します。いわゆる「ダフり」が発生してしまうのです。


結論::フルショットが出来るのに、アプローチがダフるのは、両方とも同じ形でインパクトをしているからなのです。

フルショットは打てるのに、アプローチショットが打てないのは、このような理由からです。 ボールが浮いていない限り、アプローチショットはフルショットを小さくした打ち方では対応できないのです。

TOPアマの試打VIDEOはここをクリック

アプローチショットの打ち方(原則論)

左図は極端な例ですが、どの状況でも対応できるアプローチショットを打つためには、 バウンスで地面を滑らしながら打っていきます。 これはクラブフェイスを開かなくては出来ません。
この時に、クラブフェイスの重心(芯)とボールのインパクトの関係はありません。 適応力の高いアプローチショットを打つには、重心を感じずにクラブを振る事を求められているのです。
アプローチが苦手な人は、クラブフェイスが開けない(クラブの重心を感じながら振ってしまう)方が多いのです。




ここからはCUTTERWEDGEの話です

特に以下の方にお勧めです
アプローチでフェイスが開けない どの様な状況でもフェイスを開く必要がありません。
スイング中は重心でのコンタクトを求めてしまう アプローチもクラブフェイスの重心で打てます
バウンスを滑らす事が出来ない CUTTERWEDGEのリーディングエッジからコンタクトしてください

CUTTERWDGEの重心はアプローチ時のボールインパクトの場所に存在します

CUTTERWEDGEの重心位置は極端に低いところにあります。ベアグランドや芝が薄い時も、CUTTERWEDGEの重心はボールの中心点に届きます。 フルショットもアプローチもクラブフェイスの重心(芯)付近でボールを打つ事が可能なのです。
CUTTERWEDGEでは、 どのような状況下でも、球技本来の感性を生かして、クラブフェイスの重心を感じてアプローチショットができる唯一無二のクラブです。 ボールの状況や、アプローチの打ち方を選びません。 もちろんアプローチ専用の打ち方でも大丈夫。 クラブフェイスを開かずに全てのアプローチが打てますので、 フルショットを小さくしたスイングでもアプローチが高い確率で成功します。

TOPアマ(クラチャン)に試打してもらいました

プロゴルファーでなく、あえてアマチュア代表に試打してもらいました。
フェイスは開かない。スタンスも極力スクエアー。ボール位置はほぼセンター。 「シンプルに、高い技術を使わない」という条件での動画です。


最後に・・・ CUTTERWDGEの欠点をあえて記載すれば

  • スイートスポットに当たる確率が高いので球の初速が速くなる
  • 芯に当たるので、過度なスピンが掛けにくい
  • 芯以外に当てた弱い球(勢いを殺した打球)が打ちにくい



商品のTOPページに戻ります。ここをクリック
Copyright© BOXGOLF All Rights Reserved.